治りにくい人、治りやすい人の共通点

 

これまでに約2万人の施術をしてきた経験から、「この人は治るまでに時間かかりそうだな」「この人はすぐ良くなるだろうな」というのが、だいたい分かるようになってきました。

 

「治りやすい人」にはある共通点がありますし、その逆に「治りにくい人」にもある共通点があります。

ここでは、それを紹介しますね。

 

 

ますは治りにくい人の共通点から。

 

 

 

「治りにくい人」の共通点

 

■ 自分の都合で通院ペースを変える

■ いつも痛む箇所を探している、痛みの確認がやめられない

■ 「治してもらう」と思っている

■ ネガティブな言葉が多い

■ 伝えたアドバイスを実行しない

■ 自分の健康理論を通そうとする(新しい考えが受け入れられない)

■ 良くなるか疑いながら通っている

■ 1回、2回ですぐに結果を求める(すぐに体を変化させてほしい)

■ 薬に依存している、薬の量が多い

■ 姿勢が悪い

■ メンテナンスしない、痛くなった時だけ来る

 

 

 

ここに3つ以上当てはまる方は要注意です。

 

病気や痛みをつくったのは基本的にはあなた自身ですよね。

なのであなた自身が変わらなければ、いつまでたってもどこに行っても治りません。

例え一時的に治ったと思っても再発の可能性が高いです。

 

 

では、続いて「治りやすい人」の共通点をみていきましょう。

基本的には「治りにくい人」の逆です。

 

 

 

「治りやすい人」の共通点

 

■ 伝えた通院ペースを守る

■ 良くなっている変化に意識を向ける

■ 「治すのは自分」と理解している

■ ポジティブな言葉が多い

■ 伝えたアドバイスを素直に実行する

■ 伝えた理論を素直に信じる

■ 必ず良くなると信じて通っている

■ 規則正しい食生活をしている

■ メンテナンスの意識が高い

 

 

 

どうでしたか?

もしあなたが治りにくい人なら、ここにある治りやすい人の真似をしてみてください。 

 

病気や痛みをつくったのは基本的にはあなた自身ですよね。なのであなた自身が変わらなければ、いつまでたってもどこに行っても治りません。

例え一時的に治ったと思っても再発の可能性が高いです。

 

治りにくい人でも、それに気付くことによって「治りやすい人」に変わることができます。

当院でも気がついた時には来院者様に指導します。それがキッカケで症状が好転される方が非常に多いのです。

 

見ていただいてわかるように、治りやすい人と治りにくい人の差は考え方がほとんどです。

ここで気が付いたのなら、できることは今すぐ直しましょう。

それだけでも今の症状に変化がでてくるかもしれません。