脊柱管狭窄症の痛みや痺れから解放されたい方へ

脊柱管狭窄症

 

腰が痛く病院に行ったら「脊柱管狭窄症」といわれた。こうなるととても重大な病気のようで怖いですよね。 場合によっては手術をすすめられ、それ以外には特に対処方法がないと言われることが多いです。

当院でもこの症状でお困りの方がこれまでこられていますが基本的には手術などせずに改善されることが多いです。

 

この症状でお困りの方はじっくりとお読みください。

 

 

 


腰だけの原因ではない

 

腰部脊柱管狭窄症は、50代~70代の特に男性に多くみられる症状で、神経が圧迫して起こるといわれています。 

安静にしている時はなんともないのに、歩いたり立ち続けていると痛みやしびれがでてくる間欠跛行(かんけつはこう)の方が多いです。

 

原因としては、神経の通る脊柱管が何らかの原因で狭くなり、神経を圧迫して起こります。その一つはヘルニアであったり、老化であったりします。(老化と共に大なり小なり脊柱管は狭まる)

 

症状を改善させるためには、腰回りの筋肉のバランスを整えたり食生活の改善も必要です。

 

また、意外かもしれませんが、腰痛ページでも説明したように、この症状もストレスや慢性的な緊張が関わってきていることが多いです。

当院では、独自の施術と運動指導で早期改善に導きます。

 

稀に「圧迫骨折」「馬尾症候群」「悪性腫瘍」などの重篤な原因があることもありますので、まずは適切な医療機関でみてもらうことが大切です。

 

 

 

 


他の整体院、治療院との違い

  

田中療術院は多くの方からの口コミ紹介をいただき、全国で活躍するトップアスリートをはじめ県内各地(鳥取方面)や西部(米子方面)、県外からも多数来院されています。

 

そして、

 

「傷む箇所が原因じゃないんですね」

「こんな治療法があるんですね」

「これまで間違った対処法をしていました」 

 

など、当院に来る方がよく言われる内容です。

 

痛みが治らない方や長引く方は、痛みの原因を勘違いして(又は指導され)、間違った対処法や治療、ケアをして症状を慢性化(時には悪化)させていることが多いです。

 

 

当院では東洋医学、カイロプラクティックを応用させた独自の検査と施術で筋肉(内臓を含む)」「脊柱(上部頚椎)」「血流」の調整を行います。

骨格を支える筋肉バランス、多くの不調の原因をつくる上部頚椎のズレ、そして血流を調整することで痛みや症状を改善させる施術です。

また「姿勢・生活習慣の改善」も根本から改善させるために必要なので、徹底して指導しています。

 

施術後は大半のケースで弱っていた筋力が強くなる(正常に戻る)、圧痛(押さえた箇所の痛み)がなくなるなど、その場で明らかな違いを実感できるのでよく不思議がられます。

 

 

施術はボキボキしたり痛みのあるものではありません。安全ですのでご安心ください。