いつも手足が冷たい方、「冷え性・低体温症」を改善させたい方へ

冷え性

 

冷えは男性女性に関わらずに起こる症状ですが、特に女性に多く現れる症状です。冷房による冷えや、血流が悪いことによって起こる冷えなど様々で、平熱が低いことが多いです。 

手先・足先が冷えるとつらいですし、美容のことを考えても不安になりますよね。

 

当院ではこれまで多くの冷え性・低体温症でお困りの方が来院されています。

冷え性でお困りの方はじっくりお読みください。

 

 

 

 


原因は一つではない

冷え症・低体温症

 

冷え症は生活習慣の乱れ、姿勢の崩れ、内臓のコリなどが原因で血流が悪くなって起こる症状です。冬だけだと思われがちですが、夏場でも手足や腹部など、体の特定の部分が冷えることが多いです。

 

体が冷えると老けやすく見えたり、美容には良くありません。また、ホルモンバランスが乱れて生理不順、生理痛、不妊症などにつながりやすいです。

 

冷え症を改善させるには体のバランスを整え、基礎代謝を本来の状態に戻します。そして食事、服装、靴下、入浴方法など間違った冷え対策をしているケースが非常に多いため、生活習慣改善も必要です。

 

 

参考までに「冷え性」「冷え症」の違い。

冷えは自覚症状で、西洋医学的には病気とは判断されません。冷えは自律神経失調症や血流障害からくる病気です。冷え性が悪化して冷え症になるともいわれます。

 

当院では、独自の施術と運動指導で早期改善に導きます。

 

 

 


他の整体院・治療院との違い

 

田中療術院は多くの方からの口コミ紹介をいただき、全国で活躍するトップアスリートをはじめ県内各地(鳥取方面)や西部(米子方面)、県外からも多数来院されています。

 

そして、

 

「傷む箇所が原因じゃないんですね」

「こんな治療法があるんですね」

「これまで間違った対処法をしていました」 

 

など、当院に来る方がよく言われる内容です。

 

痛みが治らない方や長引く方は、痛みの原因を勘違いして(又は指導され)、間違った対処法や治療、ケアをして症状を慢性化(時には悪化)させていることが多いです。

 

 

 

たなか式筋肉バランス療法

当院では東洋医学、カイロプラクティックを応用させた独自の検査と施術で筋肉(内臓を含む)」「脊柱(上部頚椎)」「血流」の調整を行います。

骨格を支える筋肉バランス、多くの不調の原因をつくる上部頚椎のズレ、そして血流を調整することで痛みや症状を改善させる施術です。

また「姿勢・生活習慣の改善」も根本から改善させるために必要なので、徹底して指導しています。

 

施術後は大半のケースで弱っていた筋力が強くなる(正常に戻る)、圧痛(押さえた箇所の痛み)がなくなるなど、その場で明らかな違いを実感できるのでよく不思議がられます。

 

 

施術はボキボキしたり痛みのあるものではありません。安全ですのでご安心ください。

 

 

 

 

 


冷え症・低体温症が改善された方の声


 

体が気持ち良く  軽くなった

低体温症・猫背

今回私は年々も悩んでいた猫背と低体温をみていただきました。体温に関しては、ひどいときには35.5度、最近でも36.0度と貧血なのも重なり、疲れやすい体であったと思います。それが、初回の施術を受けただけで、体温が36.5度まで上がりとても驚きました。また、季節の変わり目にも体調を崩しやすく、梅雨の時期は体が重くだるく感じられるのですが、その事をふと先生に相談すると、不調の原因などを色々と教えていただき、施術を受けると体のだるさがとれ気持ちもしゃんとしてとても軽くなりました。猫背に関しては、私は呼吸が浅い呼吸しかできておらず、それも原因の一つだったようですが、深い呼吸ができる体へと変えていただきました。まだまだ自分での意識がかなり必要だと思いますが、以前と比べるととても良くなりました。

今回私は日常生活で痛みなどを感じる症状はほとんどなかったのですが、それでも施術を受けた後は体が気持ち良く軽くなったので、自分で気付いていないところを先生に良くしていただいた気がします。ありがとうございました。

30代女性・主婦

 

 

 

体温も上昇し体の中から安定している

低体温

昨年の8月より腰痛、足のしびれがひどくなり歩くこともつらい状態となり病院に行ったところ、椎間板ヘルニアと診断されました。薬を飲んでいましたが良い時もあればまた痛くなるのくり返しでした。今回の施術後、1日3回飲んでいた薬が1回になり飲まなくても良い日もある様になりました。階段の上り下りも手すりを持たないといけなかったのですが持たなくても上り下りできる様になりました。

体温も上昇し、体の中から安定していってると感じています。今回、初めてストレスからくる腰痛であることを聞き、自分自身理解しずらい部分もありましたが、先生から「いつ頃から…どんな時…」等聞かれお話しているうちに「あっ…そうだ」と思いました。色々な事があるたびに痛みを感じていたこと、精神的に不安であった時こそ痛みが強くなっていたと。ストレスなどと思っていなかった私がいやなことわすれるために自身で作っていたんだと思う様になりました。その事に気付くことができたこと、大変感謝しています。ある本を紹介していただき(未購入ですが)少しだけ内容を読みました。あてはまることがたくさんありました。これから先生から聞いたことを実践しストレスと向きあい心と向きあいコントロールし生活していきたいと思っています。本当にありがとうございました。

50代女性・会社員

 

 

 





 

冷え症・低体温症お問い合わせ