O脚、X脚を改善させて美脚にしたい方へ

O脚は海外に比べて日本人に多く、日本人女性の約9割はO脚だといわれています。O脚にもレベルがありますが、当院に来られる方をみてみると本人に自覚がなくてもとても多くの方がO脚になっています。

 

なぜこんなにもO脚の方が多いのでしょか?

 

それにはやはり原因があり、ただのO脚と思って放っておくとポッコリお腹、お尻のたるみなど美容的にもマイナスです。また、それ以上に将来大きな健康被害を与える可能性もあるのです。

 

あなたがO脚やX脚でお悩みなら、このページをじっくりご覧ください。

 

 

 


見た目が悪いだけでなく「変形性膝関節症」になる可能性がある

 

まずは実験、、 

足先をまっすぐ前に向けて立ち、内くるぶしをつけて膝をギュッと閉じた時に、膝とふくらはぎが閉じますか?

 

この時、膝とふくらはぎがしっかりと閉じていれば問題ありませんが隙間があるようならO脚です。中には指2本以上の隙間が開く方もいるかもしれませんね。

 

O脚の原因は様々ですが、大きな原因としては生活習慣、歩き方のクセです。日本人女性は特に内股の傾向があり、膝が内側に入っています。この状態で歩くと体重が足の外側にかかるので、O脚になりやすいのです。

 

中には内股が可愛いと思って意図的に内股歩きをしている女性もいるかもしれませんが、内股歩きには多くのデメリットが隠されています。

 

内股歩きのデメリット

・疲れやすい

・便秘になりやすい

・肩こり、腰痛の症状が起きやすい

・むくみやすい

・冷えやすい 

・足が太くなりやすい

・外反母趾の原因になる

 

など、様々なリスクがあります。

 

しかし内股歩きだけが原因ではないので、ひどいO脚の場合は歩き方だけを改善するだけでは不十分で、骨盤を含む骨格、筋肉のバランスなど原因をみつけて時間をかけてしっかり矯正していく必要があります。 

 

O脚はそのままにしておくと変形性膝関節症に将来なってしまう可能性も高くなるので、気が付いたら必ずなおしておきたいものです。

 

 

 

 


他の整体院、治療院との違い

 

田中療術院は多くの方からの口コミ紹介をいただき、全国で活躍するトップアスリートをはじめ県内各地(鳥取方面)や西部(米子方面)、県外からも多数来院されています。

 

そして、

 

「傷む箇所が原因じゃないんですね」

「こんな治療法があるんですね」

「これまで間違った対処法をしていました」 

 

など、当院に来る方がよく言われる内容です。

 

痛みが治らない方や長引く方は、痛みの原因を勘違いして(又は指導され)、間違った対処法や治療、ケアをして症状を慢性化(時には悪化)させていることが多いです。

 

  

 

当院では東洋医学とカイロプラクティックを応用させた独自の検査と施術で筋肉(内臓を含む)」「脊柱(上部頚椎)」「血流」「自律神経系」の調整を行います。

「骨格を支える筋肉バランス」「多くの不調の原因をつくる上部頸椎のズレ」「多くの痛みの原因となる血流」「健康を司る自律神経」を調整することで、目先の痛みではなく体質を変えながら症状を根本改善させることを目的とした施術です。

 

施術後は大半のケースで弱っていた筋力が強くなる(正常に戻る)、圧痛(押さえた箇所の痛み)がなくなるなど、その場で明らかな違いを実感できるのでよく不思議がられます。

 

 

また、普段の姿勢が悪いと見た目の印象が悪いだけでなく、面への影響も大きいです。

そのため「猫背矯正、姿勢指導」も行いながら、美しく健康な体をつくります。

 

 

施術はボキボキしたり痛みのあるものではありません。安全ですのでご安心ください。

 

 

 

 

 


O脚が良くなった方の声

長年の肩こり、諦めていたO脚の改善、整体やマッサージの固定観念をくつがえされた

O脚改善

高校生の頃から肩こりがあり、第1子出産後からそれがひどくなっていました。

マッサージや整体等に行っていましたが、その時は少し良くなっても、すぐまた症状が出ていて、そんなものだのだろうと思っていました。

第2子出産後、さらに腰痛がでてきたので、産後の骨盤矯正の為、こちらに通うことにしました。

「実家に子どもを預けて通いやすい」という理由でたまたまこちらを選んだのですが、通い始めてすぐ長年の肩こりも腰痛も症状が改善したので、とても驚きました。

他のマッサージや整体のように、ひたすら患部をもみほぐすということはないのですが、ちゃんとすっきりします。今までのマッサージ、整体等の固定観念をくづがえされました。

今はさらにずっとあきらめていたO脚の矯正にも取り組んでおり、効果が出てきているので、とても通うのが楽しいです。

30代女性 ソーシャルワーカー